包茎手術の保険適用

広島中央クリニックは自由診療のクリニックのため、真性包茎でも保険適用になりません。

通常一般泌尿器科では包茎手術は健康保険は適用します。
ただし、健康保険で定められている範囲内の治療であり、仮性包茎は対象外となり保険適用されません。

真性包茎も例外ではなく、健康保険で定められている範囲を超える場合は保険適用されません。
つまり、見栄え等を気にされる場合、当院のような美容形成外科で手術するケースがほとんどです。

一般泌尿器科での包茎手術はペニスの機能改善(生殖器・泌尿器)が目的のため、ツートンカラー(傷はサオの真ん中)になりサウナや女性など見られたら包茎手術したことがわかります。

当院の包茎手術は亀頭直下埋没法です

包茎手術亀頭直下埋没法

包茎手術の傷あとが目立ちません

包茎手術の失敗

まず皮を切りすぎて、勃起時につっぱるということが考えられます。 これは、担当医の経験不足や患者様の勃起時・通常時の差が大きかったり、通常時の状態で少しでも亀頭を露出させようとすると起こります。

当院では、専門医(院長)が事前にデザインし余分な皮のみを切除しますので心配はいりません。
また、勃起時・通常時の差が大きい方の場合、長茎手術等と併用して治療することにより、
通常時も亀頭を露出させること・陰茎を長くすることも可能です。


また上記に記載したように他院で包茎手術を受けて傷が気になる方やツートンカラーになって当院に来院される患者さまもいらっしゃいます。
余分な包皮は除去できて医療としては失敗ではないのですが、患者様からすれば 見栄えが良くないと失敗と言えます。

当院では他院での包茎手術後の傷跡修正治療も行っておりますのでご相談ください。

お問い合わせ

包茎手術その他男性泌尿器治療に関するお問い合わせ
無料相談・カウンセリング予約 受付時間9:30〜20:00

0120-088-407
 
bt_yoyaku bt_sodan
 

クリニックアクセス

広島中央クリニックアクセス地図

グーグルマップはこちら  広島県広島市中区銀山町1-11フジスカイビル5F

JR広島駅南口より紙屋町方面、市内電車で銀山町電停にて下車徒歩1分。
ビル屋上の黄色い大きな「ヒスイ」の看板が目印です。
クリニックの場所がお分かりにならない場合はお気軽にお電話ください。
手術後のお車の運転は全く問題ありません。
提携駐車場のご案内
広島中央クリニック は日本美容外科医師会から適正医療機関に指定されています。

広島市中区銀山町1-11 フジスカイビル5F



診療受付
診療時間 9:30~18:00
予約時間
電話受付 9:30~20:00 土日も開院
アクセス方法
JR広島駅南口より紙屋町方面、市内電車で銀山町電停にて下車徒歩1分。
ビル屋上の黄色い大きな「ヒスイ」の看板が目印です。
クリニックの場所がお分かりにならない場合はお気軽にお電話ください。

院長 杉江善哉 プロフィール

院長経歴
1967年生まれ。
平成4年東京慈恵会医科大学卒業。
平成5年~大手美容外科勤務後、平成18年中央クリニック広島院院長に就任。
穏やかな口調で、分かりやすい診察は、患者さんのどんな小さな不安も解消してくれるとの声も多い。

平成4年 東京慈恵会医科大学卒業
平成4年~平成5年 東京慈恵会医科大学付属病院 勤務
平成5年~平成17年 大手美容外科 勤務
平成18年~ 広島中央クリニック 院長に就任